妊娠中の健康診断でカンジダが判明したらニゾラールを

妊娠中に行う健康診断は、母体と赤ちゃんの健康のために欠かせません。この健康診断でカンジダ膣炎だと告げられる妊婦がいます。普段は雑菌の繁殖を抑制するために膣内は酸性を維持しています。しかし妊娠によってホルモンバランスが乱れると、アルカリ性になりカンジダ真菌が増えやすい環境になります。また妊娠初期ではつわりなどで体力を大きく消耗するので、雑菌が繁殖しやすいです。カンジダ膣炎では、白くてポロポロとしたおりものの分泌量が増えて、外陰部が痒くなります。下着などが擦れて炎症が悪化すると、痛みを感じることもあります。妊娠中にカンジダが見つかると、薬を使って治療が行われます。まず膣内に抗真菌薬の膣錠を入れ、塗り薬で痒みや腫れに対処します。ニゾラールにはクリームと液体がありますが、刺激の弱いクリームが処方されるのが多いです。ニゾラールは患部よりも少し広範囲に塗ることで菌の増殖を抑えます。よく浸透させるためには擦り込むように塗るのが効果的です。皮膚からの成分の吸収はほとんどないので、ニゾラールはカンジダの治療薬として皮膚科や婦人科などのよく用いられます。ニゾラールは市販でもクリームがありますが。自己判断で塗布を止めると症状を悪化させることがあるので、健康診断を受けた医療機関で治療を行います。妊娠中にカンジダ膣炎を発症しても治療薬を含めて赤ちゃんには影響はありません。しかし出産する時にカンジダ膣炎に感染していると、赤ちゃんが通る産道でカンジダ真菌がうつります。赤ちゃんの口の中や股が白くなる鵞口瘡や皮膚炎を発症する原因となるので、放置すると危険です。カンジダ膣炎は再発しやすいので、下着で蒸れないようにするなど予防も必要です。