抗真菌薬の種類

真菌というのは、いわゆるカビのような生物を指しますが、きのこや酵母なども実はこの仲間に含まれています。ヒトの病気の原因となる生物として細菌が知られていますが、この真菌は細菌に似ていはいるものの、構造がさらに複雑です。
ヒトと細菌・真菌の違いとして、細菌や真菌は細胞を守るための頑丈な細胞壁と細胞膜をもっているのに対し、ヒトの細胞は細胞膜だけで細胞壁がないということが挙げられます。また、細菌と真菌の違いとしては、真菌が遺伝子を守るための核をもつのに対し、細菌にはそれがないということが挙げられます。
抗真菌薬というのは、このような細胞の特性を考慮しながら、病気をもたらす真菌だけを何らかの方法で死滅させため、増殖を抑制する効果をもった医薬品のことを総称して呼びます。皮膚病の塗り薬などとして用いられるニゾラールも、この抗真菌薬の一種となりますが、抗真菌薬にはその作用のメカニズムによって、いくつかの種類に分かれます。
1つ目として、真菌に存在する細胞膜を破壊するタイプがあります。ヒトの細胞の細胞膜は主にコレステロールという脂質でできているのに対し、真菌はこれと異なることから、真菌だけを死滅させることが可能なのです。
2つ目として、真菌の細胞壁をつくる成分の合成にかかわる酵素を阻害するタイプがあります。ヒト細胞には細胞壁がないため影響はありませんが、このような医薬品を投与されると、真菌には必須の細胞壁がつくれなくなってしまいます。
3つ目として、真菌が細胞膜をつくるときに必要となる成分の合成を阻害するタイプがあります。ニゾラールはその一種で、患部に塗布することによって、このはたらきにより真菌が増殖できなくなります。なお、ニゾラールの有効成分はフケ、かゆみ防止のための男性用シャンプーに配合されることもあります。

ニゾラールの副作用

ニゾラールには、クリーム、ローション、外用スプレーなどの製品のバリエーションがあり、用いられ方にそれぞれ差はありますが、基本的には真菌を殺菌する効能をもつものです。真菌というのは、カビのなかまであり、一般に水虫といわれている白癬菌などはその代表的なものです。他に体の抵抗力が落ちているときに皮膚に感染しやすいカンジダなどにも適応がある医薬品となっています。
このニゾラールは、殺菌力がすぐれている反面、副作用としてそれほど大きなものはないことから、皮膚真菌症全般の治療によく用いられており、症状や発症した体の部位に応じて、適切なタイプの製品を使い分けます。
ただし、ニゾラールの副作用が比較的少ないとはいっても、副作用がまったくないわけではありません。厚生労働省から医薬品として認可を受ける時点での臨床試験においても、いくつか特徴的な副作用の事例が報告されています。
その主なものとしては、接触皮膚炎、掻痒、投与部位発赤、投与部位刺激感などがあります。専門用語をより一般的な言葉に置き換えるとすれば、ニゾラールを塗った部分にただれ、かゆみが生じたり、皮膚が赤くなったり、ひりひりとした感じがするというものです。
そのため、もともと皮膚が弱い人や、過去に水虫の薬などでかぶれの症状を起こしたことのある人、すでに患部にただれや傷がある人などは、使用を控えるのが賢明です。特に、製品のバリエーションのなかでも液体状のものは刺激が強いとされていますので、副作用が懸念される人は、例えば角質化した皮膚のような部位以外には、あまり使用しないほうがよいでしょう。
また、副作用ではありませんが、妊婦や新生児などについては、製品の安全性が確認されていないため、投与には注意すべきものとされています。